つれづれぽりか

ポリカです。このブログは写真やゲーム、パソコンなど私が興味を持ったことについてまったり紹介したりするブログです。

EDTracker製作記

皆さんこんにちは、ポリカです。

先日、EDTrackerを制作したので紹介します。

 

EDTrackerとは?

EDTrackerを簡単に説明すると、安価なTrackIRみたいなものです。

仕組みはTrackIRとは根本的に違います。TrackIRは赤外線を使うのに対し、EDTrackerは頭の動きを測定するのに、ジャイロセンサーを用います。

このデバイスを用いれば、安価にヘッドトラッキング環境を得ることができます。

名前にEDとあるだけにElite:Dangerousのみでしか使用できないということはなく、TrackIRやFreeTrackなどを使用できるゲームにはほぼ、対応しているかと思います。

ゲームの対応状況は以下のリンクから確認できます。

Game Support

また、制作にははんだ付け等の作業が必要となります。

 EDTracker制作に必要な材料

EDTracker制作に必要な材料は以下の写真で全てです。

f:id:polyca3110:20170312112111j:plain

一つずつ説明していきます。

f:id:polyca3110:20170312112307j:plain

これは各部品を取り付ける基盤と、それを入れるケースです。

こちらは以下のサイトで購入しました。

EDTracker Products

このサイトの「EDTracker DIY PCB & Enclosure」を購入すれば上にある写真と同じものが届くはずです。

また、このサイトで「EDTrackerPro」と言うものを購入すれば、完成品のEDTrackerが入手できます。

購入方法などは割愛しますが、私の場合ですと注文してから10日ほどで配達されました。

f:id:polyca3110:20170312113122j:plain

これは、ボタンの背が高いタクトスイッチです。

秋葉原に行けば売ってます。ネットでも秋月電子だとか千石電商だとかに売っているかと思われます。

私はヤフオクに売っていたのを見つけたのでそこで購入しました。

このスイッチがないと、中心がずれた時にリセットできなくなりますので地味に重要な部品です。

f:id:polyca3110:20170312113449j:plain

こちらは、「Arduino Pro Micro」です。私はe-bayにて購入しました。

似たような製品に「Arduino Pro Mini」がありますが間違えないようにしてください。

これを用いてパソコンと接続します。

f:id:polyca3110:20170312113905j:plain

これは、「MPU-9250」というジャイロセンサーだったり磁気センサーを搭載している部品です。こちらもe-bayで購入しました。

私はe-bayでArduino Pro Micro」と「MPU-9250」を同じ出品者から購入しましたが、送料無料のEconomy International Shippingを使用したため、商品の到着に約1ヶ月ほどかかりました。

写真はありませんが長めのMicroUSBのケーブルも必要です。

いざ制作!

制作する前に基盤の四辺にある小さなバリのような物を削っておきます。削らなくても問題は無さそうですが気になるので削っておきます。

削り終えたらまず、スイッチを取り付けます。

f:id:polyca3110:20170312114650j:plain

スイッチを取り付ける向きはスイッチの足が基盤に無理なく入る向きならどちらでも構いません。

次はArduino Pro Micro」を取り付けます。

f:id:polyca3110:20170312115305j:plain

まず、基盤の裏側からピンヘッダを差し込みます。

そこにArduino Pro Micro」載せ、はんだ付けします。向きは、スイッチのある側にMicroUSBポートが来るように乗せれば大丈夫です。

f:id:polyca3110:20170312115546j:plain

裏面のはんだ付けも忘れずに。裏面のはんだ付けが終わったら余分な足をニッパーで切り落とします。

最後にMPU-9250」を取り付けます。

まず、ピンヘッダをこのように差し込み、裏面をはんだ付けします。

f:id:polyca3110:20170312115939j:plain

その後MPU-9250」を載せてこのようにはんだ付けしたら基盤は完成です。

f:id:polyca3110:20170312120119j:plain

そしてうまい具合に加工したケース(写真撮り忘れました)にしまえば完成です!

f:id:polyca3110:20170312120247j:plain

EDTrackerの設定

EDTrackerの設定についてわかりやすい動画が有りましたので皆さんに紹介いたします。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/VBKuxC1SAqQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

音声はすべて英語ですが、動画の通りに操作していけば問題ないかと思われます。

まとめ

以上でEDTracker製作記を終わりにしますが、EDTrackerを制作する場合は自己責任でお願いします。

e-bayでの購入方法などは詳しく説明されているサイトなどが有りますのでそちらを参照してください。

このデバイスがあれば、手軽にヘッドトラッキング環境を構築できますので興味のある方は是非作ってみてください。またはんだ付け等の作業ができないが、EDTrackerが欲しいという方は、部品から購入して組み立てるよりも割高ですが、完成品であるEDTracker Proの購入もおすすめします。

それでは皆さん良いヘッドトラッキングライフを!